レジスターの電源が入らないお客さんのアフターサービスと体験談

お客さんの体験をブログに載っけてくれることに

先日「レジの電源が入らない」と、お困りのお客様からの対応をしたときに、このブログを運営している話をしたら「載っけてほしい」とのお言葉をいただいたので載っけることになりました!

ありがとうございます!早速、以下お客様の体験談です。

お客様の体験談

ある日のこと、オープン前の準備をしようとレジスターの電源スイッチをONにしたが電源が入らない。

電源が入らないとレジスターのドロアも開かないので、とても困ったことになる。

「ON/OFF」のスイッチを何度か切り替えてみても、レジスターを古いテレビを叩く要領で叩いてみても、電源が入ることはなかった。

iPhoneを使って原因を調べてもよく分からなかったので、レジスターを購入した販売店に電話してみた。

電話に出た若い男性に状況を説明すると、担当者に確認して折り返しますと言われた。

もうすぐ店がオープンの時間だから早くしてほしいとお願いしたら、「直ぐに折り返します」と言われた。

本当に直ぐに折り返しの電話が来た。

この段階では、レジスターが故障しており修理が必要だと心配していたのだけれど、それは杞憂に終わった。

レジスターの電源が入らなかった原因

レジスターの電源が入らなくなった原因は、単純で思いがけなく、馬鹿馬鹿しいところにあった。

レジスターのプラグがコンセントから抜けていたのだ。

プラグをコンセントにちゃんと挿し直したらあっけなく電源が入った。

何だか自分が馬鹿みたいで恥ずかしかったが、無事にオープンを迎えることができて良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です